京檸檬プロジェクト

京檸檬プロジェクト協議会

メニュー

京檸檬プロジェクト協議会について

京檸檬プロジェクト協議会について

京都ブランドの檸檬を創出

「他産地に負けない京都発の唯一無二のレモンを目指して…」
京都は古くより京野菜という唯一無二の農産物を作り続けてきました。
私たちはそんな伝統ある京都で、新たな唯一無二を作り上げるために京檸檬プロジェクトを立ち上げました。

温暖な気候が必要とされるレモンにおいて、京都の寒暖差のある気候は向かないとされてきました。
厳しいことにもひたむきに取り組み常に新しいことにチャレンジする。
そんな生産者・加工者・販売者が一丸となって「京檸檬」の栽培やブランディングに取り組んでいます。

耕作放棄地の課題解決に

日本の農業で問題となっている事として高齢化、後継者不足などからくる農業の担い手不足があります。
担い手がいないと、田畑や山林は荒れていきます。そしてその荒れた田畑を通り道に獣が里に下りて来るようになります。
京檸檬プロジェクトでは、栽培~加工~販売までのルートが協議会員によりすでに構築されており栽培した後のケアも万全です。
協議会員全員の力で耕作放棄された土地も再活用しながら新たな特産品を栽培していきます。

飲料・酒造・菓子・化粧品メーカーとのコラボレーション

京檸檬プロジェクトで栽培された檸檬は、「日本果汁」で1次加工をされた後、協議会に参加されている「宝酒造」と「伊藤園」によりアルコールやソフトドリンクとして研究開発されます。協議会としても参画企業様と連携を図りながら、「京檸檬」のブランディングを行い価値を高めていきます。

 

協議会への参画を希望される農家・団体・企業様へ

京檸檬プロジェクト協議会では、一緒にチャレンジしていただける農家・団体・企業様を随時募集しております。
新規参入農家様でも安心の栽培者同士の協力ネットワークの利用やIOTなどの最新技術を用いての栽培管理や
先進地での視察研修などを行っています。また新しく農業をされる方のハードルを下げれるように常に農家様と意見交換をしております。
企業や団体様には青果や京檸檬果汁など会員様のご利用に適したものを京檸檬プロジェクト協議会より販売を行います。
詳しくは京檸檬協議会入会規則をご覧ください。